増える高齢者の孤独死…具体的な対策方法は?

一人暮らしで変化に気づきにくい

年老いた両親と共に暮らしたいというのはやまやまだけれど、都市部に雇用が集中する時代に、どうやって子供、両親を田舎で養っていけというのか、今、日本が抱えている高齢化の問題は深く、深刻です。
現代日本に生きる65歳以上の高齢者の数は今までで最高といわれ、この先も増加の一途をたどるといわれています。

医療の進歩などもあり、高齢者が病気を持ちながらも生きていける社会になっていることなどから、日本は超高齢化社会となっています。
人口の26%が高齢者といわれているのです。
そのうち、65歳以上の男性は10人に1人、女性は5人に1人が一人暮らし、つまり、独居老人となっているのです。

高齢者が一人暮らす際にも、近くに子供たちがいる、様子を見に来てくれるご近所がいるということならいいのですが、中にはご近所付き合いも少なく、孤独死されてから数か月、誰にも気がつかれることもなく一人ひっそり死亡されていることも少なくありません。
つまり孤立した暮らしをしている高齢者が非常に多いということです。

孤独な暮らしをしないために何が必要か

私たち若い世代も、高齢の方々が孤独死しない環境づくりを考えなくてはなりませんが、高齢者も、孤独死などにならない生き方、暮らし方を模索しなければなりません。

高齢の方に多いのが、引きこもりです。
足が痛い、病院にかかるほどではないけれど具合が悪い、こうした状況に陥ると外出するのも面倒になり、動かないことからより体が悪くなり、今度は助けを呼ぶこともできなくなる、悪循環です。
またご近所との関係性が希薄になっていることから、助けを求めたくても求められない、ということも多くなっています。

例えば、まだ体がある程度動く、出かけることができるということなら、地域のコミュニティに参加してみるとか、老人会、趣味の会など、多くの人が集まる場所に積極的に出かけていく、こういう場所があることを自治体が知らせ、若い世代が一緒に連れ出すなどの行動も必要でしょう。

地域で見守る働き

高齢化が進む現代、高齢者が多い地域では、孤独死をなくす対策づくりを積極的に行うところが多くなっています。
ご近所づきあいが希薄になっているのなら、自治体、組合などがご近所となろう、高齢で一人暮らしをしている人を見守ろうという取組です。

一人暮らしの高齢者が暮らすところに、毎日ちょっと訪れる事が出来たら、緊急性の高い病気や動けなくなっている高齢者を発見することもできるでしょう。
話し相手になるだけでも、高齢の方々は元気を出して生きる勇気が湧いてくるとも言われています。

地域のつながりを大切に、密にしておくことは災害の時などにも生きてきます。
高齢の方が孤独な状態にならないように、しっかり考えていくべきでしょう。

若者よりも多い!?高齢者による犯罪の増加

悲しい現実

若い世代も、生きていくのに懸命な時代です。
バブルの時代とは違い、そこかしこに働き口があることもなく、資格や経験が必要な雇用ばかりで、こうした資格などない方、特に高齢になるとより一層雇用先がなく、生活困難者となります。
年金を受け取る事ができる人ならまだいいのですが、若い時、年金のことなど関係なく暮らしてきた方々、また将来のことを考えずに暮らしてきた方、そのほか深いわけがあって年金が受給されない方も少なくありません。

生活できないほどお金に困窮している、こうなれば人は生きていくために仕方なく犯罪を犯すこともあります。
実は現代日本は、犯罪の高齢化が社会問題ともなっているのです。

調査では刑法犯罪のうち、未成年者の率を65歳以上の老人が上回ったと発表されています。
ただ単に、高齢者が多くなったということでは割り切れない問題がここにあるのです。

高齢者の犯罪の凶悪化

なぜそこまで凶悪なことができるのか、高齢の方は戦後、辛い時代を生きてきて命の尊さを理解されているはずの年代です。
それなのに、隣の家の物音がうるさい、いつも自分を馬鹿にしているから殺した、兄弟間でトラブルがありお姉さんを殺した・・など、悲しいニュースを毎日のように聞くようになった日本です。

戦争、戦争後、辛い年代を息抜き命の尊さを知っている年代であって、逆に考えると硬度経済成長の中、とにかく働け、いい暮らしを目指せと社会からも企業からも、そして家族からもはっぱをかけられていた年代です。
今私たちがこの豊かな暮らしが出来るようになったのも、現代に生きる高齢者の方々あってのことなのに、核家族化、孤独死、住む場所のない暮らしなど、高齢者の方々にとってはやるせない世の中なのかもしれません。

働け、働け、まだ働くのか

年金をもらい安穏とした暮らしをしている高齢者も少なくありません。
でも多くの高齢者が退職されてからも生活のために、いうことをきかなくなった体を必死に動かし、75歳を過ぎても働く老人もいます。

戦争中、お国のために命をとして働けといわれ、戦後、高度経済成長期、日本を豊かにするために働けといわれ、老後になってもまだ働かなくてはならない現実、高齢になればなるほど雇用がなく、家に帰れば孤独が待っているだけ、こんな生活若者だって嫌になります。

凶悪犯罪をせず必死に生きている高齢者もいます。
でも、高齢だからこそ現代社会に鬱屈した感情をぶつける高齢者もいるのです。

「高齢社会」と「高齢化社会」の違い、あなたは言えますか?

違いを知ろう

日本は世界的に見ても長寿大国で、高齢化が進む国です。
人口の約20%以上が高齢者という事実、驚く現実ですが、これから先、さらに高齢者が増加していくことはわかっており、介護、医療などの解決しなければならない問題がたくさんあります。

高齢社会、高齢化社会、色々な言葉を聞きますが、皆さんは高齢社会と高齢化社会の違い、理解されているでしょうか。
実は、この言葉、確固たる意味があるのです。

高齢社会と高齢化社会の違い

高齢化が進んでいる、日本は高齢化社会である、こうした話はよく聞く話で、何も珍しいことではありません。
でも、高齢社会と高齢化社会ではまったく意味が違うのです。

高齢社会というのは、65歳以上の「老年」と呼ばれる人口が総人口に占める割合の7%あたりで落ち着いているという状態の社会のことをいいます。
高齢化社会は、この割合が7%以上であり、なおかつ老年人口が増加し続けているという状態を指します。
つまり、社会の中に高齢が定着している状態を高齢社会、まだまだ増加していることを高齢化社会という言葉で表しているのです。

現在は人口の20%以上の高齢者がいるといわれている日本であり、さらに増え続けていることから、高齢化社会というわけです。
しかし高齢化社会は7%以上の状態が継続中という意味です。
そのため、現代は高齢者社会の上を行く状態、超高齢化社会になっていると認識されています。

日本の高齢化率が止まらない!

医療技術が高くなり、現代も新しい治療などが続々と誕生している日本です。
世界から見ても日本に暮らす私たちから見ても、日本の高齢化は継続中です。

日本の高齢化率、これを見ても継続中であることがわかります。
高齢化率というのは、昔の定義である「総人口に占める65歳以上の老年人口の占める割合」です。

高齢化のスピードは日本国内においてがんがん煤念でいます。
高齢社会、高齢化社会の定義にも利用されている7%以上の高齢化の状態になるまでに、日本はたった24年間でした。
諸外国を見てみるとアメリカで69年という年月がかかり、フランスでは114年もかかってやっと、高齢化7%に到達しています。
日本がどれだけ高齢化が加速しているか、この数値を見ても納得できます。

海外では寝たきりになる高齢者がいない…!?その理由とは!

どうして日本は介護が必要となるご老人が多いのか

長寿大国となった日本、女性の平均寿命が80代を超え、男性も80代に入ってきたというところを見ると、医学の進歩、暮らしの豊かさがる国だとつくづく感じます。
でもこれは、あくまでも平均寿命です。
健康に病気なく長く生きている高齢者はどうなのか?というと、長寿大国といわれている日本においても、健康に問題なく生きる高齢者は少ないのです。

長寿大国と世界各国から認められている日本ですが、実は、寝たきり老人の数を見てみると、日本は驚くほどに多いのです。
逆に、海外では寝たきり老人が少ないという結果があります。

高齢になれば寝たきりにもなる、これは日本に暮らす私たちにとって、当然のことと考えがちなのですが、欧米諸国では寝たきり老人がほとんど「いない」のです。
なぜ、日本は寝たきり老人が多く、諸外国は少ないのか、それは老後の生き方、考え方の違いです。

延命をする日本、しない欧米諸国

欧米諸国でもまったく延命をしないということはありません。
勿論国によっては、個人個人が延命するかどうかを選択されています。
ただ福祉大国といわれているほど福祉が充実しているスウェーデンなどは、延命措置はしないという国です。
例えば日本では咀嚼できない、誤飲があるということになると、点滴や胃ろうなどの措置をとりますが、スウェーデンではこうした治療を行わず、内服薬などお薬を飲むなどのごく普通の治療しか行わないのです。

日本で延命をしないとというと非道徳的だとか医療費の切り捨てだと反論がでそうです。
でも海外では胃ろうや点滴などの人に苦痛、負担を与えることも多い無理な延命はしないほうがいい、という考え方が多いのです。
こうした国にとって、死とは、自然な死であり、胃に無理やり流動食を流し込んだり、点滴で栄養補給するような人工的に行かす方法を良しとしないのです。

人が生まれて年齢を重ね、老いていけば死ぬということは自然の摂理です。
宗教上の解釈などもあると思いますが、愛する人を失いたくないという強い希望がある場合、本人が延命はいいといっていてもなかなか踏ん切りがつかないところがあるでしょう。
ずっと家族を支えてきたお母さんがもしも、延命するかどうかということになったら、前々からお母さんに、延命はいいから痛みだけとってくれればいいからといわれていたとしても、そこで医師に延命は必要ありませんとはっきり言えるでしょうか。

なかなか愛する人の命を、自分の言葉で、人生が終わる方向に向かわせることは難しいでしょう。
近しい人ならなおさらです。
苦労してきたお母さんを見ていた家族なら、当然もっと生きていてほしい、これを乗り切れば元気になってくれるかもしれないと考えてしまうものです。
たとえ、もうこの先は無理と医師に告げられていても!です。

延命の問題については倫理や道徳など複雑な問題がかかわってきますので、一概には言えないことですが、やはり、その方の意思を尊重するということが何よりも大切ではないでしょうか。
高齢の方が家族にいる、入院されているという場合、嫌な話になりますが、もしもの時、延命したいか自然にいきたいか、しっかり確認しておく方が公開も少ないかもしれません。

日本も延命に関する意思の決定がある

日本においても、何が何でも延命するということはありません。
意識のない高齢者についてはご家族が延命するかどうか判断することもありますし、ご自身に確認ができる状態なら、いざというとき延命するか、それとも自然な死を臨むのか、選択することも可能です。

意識のない高齢者について、ご家族がどうしても延命してほしいと願うこともあります。
そこにたとえ、高齢者の意思がなくてもです。
最近は自分の死の決定を自分でということで、延命治療を拒否しますという書面を残す方も多くなっています。

シニア世代にも人気拡大中!「シェアハウス」のメリットとは

TSU853_natumaturi_TP_V

高齢化が進む日本

地方に行くと高齢者が人口を占める割合が多くなっています。
しかし都市部であってもにぎわいを見せるところから少し離れると、やはり高齢者が多くなっています。
日本は少子高齢化が進み、年金問題、介護問題、医療問題など、様々な問題が露呈していますが、老々介護という面にも目を向けなくてはなりません。

核家族化が進み、若い家族と共に暮らす高齢者が少なくなっています。
都市部にしか就職先がなく、地方で就職したくてもできない状況もあり、年老いた両親の面倒をみたいという気持ちがあっても、なかなか実現しません。

都市部で結婚し家庭をもてば、お子さんの学校の問題なども含めて、ますます地方に帰って暮らすことが現実的ではないです。
年齢を重ねた高齢の方々は老々介護という厳しい生活を強いられ、伴侶が亡くなれば高齢の一人暮らしとなってしまいます。
そこで今、高齢者が共に暮らす高齢者シェアハウスが注目されています。

若者に人気、いえメリットは高齢者にも

シェアハウスというと都市部ではすでに定着した暮らし方です。
友人や家族ではない全くの他人と、一つ屋根の下で暮らすという賃貸物件ですが、リビングやキッチン、バスルーム、トイレなどを共同で利用するほか、プライベートルームもしっかり確保されています。

一人では無理だった都市部での暮らしが、シェアすることで安く利用できるということもあり、多くの若者がこの生活方式を求めています。
一人にならないというメリットも、特徴です。
女性の一人暮らしなどは防犯面から見ても怖さがありますが、シェアハウスに暮らすことで一人暮らしではない安全性と暖かな生活が実現するのです。

この生活方式こそ、「現代の高齢者が求めているもの」ともいえます。
物件の参考としてこちらのサイトをご覧ください。
>>シェアハウスですか?|オークハウス

伴侶が亡くなり一人暮らしをする高齢者は、健康面など不安要素がたくさんあります。
共に高齢となった人たちと暮らすことができる高齢者シェアハウスは、支え合い、協力し合い暮らすことができる、高齢者にとって安心度の高い住まいとなります。

高齢者と別年代の共存

高齢者シェアハウスといっても、若い人が入居してはいけないということはありません。
シェアハウスによっては学生さんや若いOLさんが、高齢の方と一緒に暮らすところもあります。
若い人が一緒に暮らすということは時間的なずれなどもありますが、一緒に食事したり、悩みの相談を聞いたり、若い年代からすれば実家のおばあさんに癒されているという気持ちも持つ人がいるようです。
高齢者のみで暮らすということもありますが、時に沢山作ったおかずをみんなで食べたり、人がそろうときには、お鍋をつつくなど、大家族のような暮らしが楽しいと利用者の多くが、生きる喜びをシェアハウスの中に見出しているのです。

生活の場、趣味の場、お話の場

高齢者が一人暮らしをすると、足腰が弱くなっているということもあり引きこもりがちです。
でもシェアハウスでは、リビングにいることで誰かしら話し相手になったり、得意の手芸をお友達に教えるなど生きがいを見つける方も多いのです。
他人であっても共に暮らすことができる空間は、高齢者の方の孤独死をなくすためにも、とてもいい暮らし方だと注目されています。