1. >
  2. >
  3. 海外旅行に行きたい!
アメリカ

海外旅行に行きたい!

海外旅行に行きたい!

子育てがひと段落し、自分のために時間をかけられるようになると、色々なことにチャレンジしたくなるもの。
シニア世代のなかでも旅行が趣味という人は多いのではないでしょうか。
なかには国内旅行だけでなく、海外旅行に目を向けている人もいるかと思います。

旅行というのは「行きたい!」と思ったときに動くのがベスト。「いつ行こう~」と悩んでいると、行くどころか計画そのものも進みません。
ただし、海外旅行は行きたい気持ちがあっても、行動できない理由がいくつかあります。その中の一つとして挙げられるのが言語の違いです。
言語が異なる場所に行く場合、「道に迷ったらどうしよう」「自分の意見が通じないかも…」と国内旅行では生じない不安がつきまといます。

そんなとき、海外で役立つコミュニケーションといえば英語です。
日本語が通じなくても、英語であれば意思疎通ができる国はいくつもあります。

海外旅行で必要な英語力ってどれくらい?

海外旅行は、カタコトな英語でも基本的に楽しめるといわれています。
旅行先で英語を話すシチュエーションが限られているからです。
例えば入国審査で「訪れた目的は何ですか?」と聞かれた場合、「sightseeing(観光)」と一言言えばOK。
レストランで「何になさいますか?」と尋ねた際は、単語が読めなくても、メニューを指でさせばオーダーが通じることも。
「単語+Please」やボディランゲージで伝えることも多くなるかもしれません。
相手に伝わらないことももちろんあります。その際は恥ずかしさを捨て、伝えようという気持ちを強く持ちましょう。

必要な英語力は旅行の楽しみ方によって異なる

カタコト英語でももちろん楽しめますが、現地の人とコミュニケーションをとる場合、うまく伝わらずストレスになることも。
観光やショッピング、レストランなど、不自由なく楽しみたいという方は、基本的なあいさつ・知りたいことを尋ねられる・相手の英語が少し聞き取れる力が必要です。
表現方法や簡単なフレーズが使えるようになると、行きたいお店や場所が確実に増えるでしょう。

現地の人とコミュニケーションをたくさん取りたい人は、中学レベルの文法や単語力、相手の話が大体分かるレベルまで高める必要があります。
ちょっとしたお喋りであれば、コミュニケーションがスムーズにできる英語力です。また、 知らない人と話せる柔軟性も要になってくるでしょう。
相手が英語を話しているから、と臆することなく、間違いを恐れずに話すことが旅行を楽しむカギですよ。

(参考URL)英会話を上達させるために必要なこと|産経オンライン英会話