1. >

シニアライフを豊かにする「ペットの存在」

精神的なケア

特にこの猫を飼おうと思ったわけではなく、ただ介護施設の側にいる野良猫でおとなしく、施設の高齢者の方々が気に入り、出入りを許されているという猫がいます。
猫が介護施設に訪れるようになってから、そこに暮らす高齢者の方々の目が変わり、猫が訪れるのを心待ちにし、まるで飼い猫に癒されているような表情を見せるようになったといいます。
施設の人に心を開かなかった高齢者も、この猫ちゃんだけには、笑顔を見せることもあり、施設で働く方々にとっても、猫が精神的なケアをしてくれていると信頼されているのです。

動物の愛は分け隔てなく、誰にでも同じです。
若くても年齢を重ねていても、男性でも女性でも同じようにかわいい顔を見せてくれます。
野良猫はただ、介護施設が快適で寒さをしのげたり、暑さをしのげたり、ご飯をもらえたり、時におばあちゃんの膝でゆったり過ごすことができるから来るだけです。
それでも、命あるものがここにやってくること、その楽しみが、介護される高齢者の心に癒しを与えたのでしょう。

一人暮らしの高齢者がペットを飼うということ

高齢の方がペットを生きがいにするということは少なくありません。
子供が家庭を持ち、孫ができ、遠くに暮らしているという状態で、話しかけられる存在、ご飯を作ってあげる存在は尊いものでしょう。

自分がいなければ生きていくことができない、だからこの子のために頑張る、高齢の方々はペットに生きがいを求めて、それこそ自分の子供の様にかわいがっています。
でも孤独な高齢者がペットを飼うということは、万が一の場合、ペットの居場所がなくなるばかりか、最悪、ご飯をもらうこともできず死んでしまう可能性もあります。
高齢者がペットを飼えなくなった時のことを、高齢者も近しい人も、社会も考えなくてはならないのです。

一緒に暮らしているご家族がいればいいのですが、一人暮らしの高齢者がペットを飼う場合、世話ができないとか、病気で入院した時、誰が面倒を見るの?と反対するご家族もいます。
特に遠方にいる家族にとっては、何か起こるごとに高齢者が暮らす地域までやってこなければならないので、ペットを飼って何かあったらまた面倒なことが起こると、ペットを飼うことに協力的になれないのです。

でもさみしい思をしているのは高齢者です。
ペットがいれば話し相手になってくれますし、お散歩しなければならないと思えば、外出する機会も多くなります。
ペットを飼ったことでボケ気味だった高齢者が以前同様、しっかりしてきてびっくりしたという例もありますので、できる限りご家族にも協力してほしいです。
ご家族が遠方でなかなか来られないというときでも、最近は様々なサービスが誕生しているので、そういったところを理解しておくと安心でしょう。

飼い主の万が一に備えるのも大切ですが、ペット自身の万が一に備えることも重要です。
人間の医療保険と同様に、ペットにも医療保険があります。
おすすめとして、こちらのサイトがあります。
推奨:犬、猫のペット保険|PS保険

任意の保険になるため、もし加入していないときにペットが大けがや病気をしたときは、莫大な金額が請求されてしまいます。
そういったことを防ぐために、事前にペット保険に加入しておくことで、飼い主の金銭的負担も減らすことができます。

こんなサービスがあります

ペットにご飯をあげることができてもお散歩に連れ出すことができないということもあります。
そんなとき、高齢者がペットを飼育することについて支援するというサービスがあります。

こういった場所では、お散歩はもとより、トイレの始末やペットのごはんの支度などを請け負ってくれます。
費用がかかりますが、それほど高くない費用でこうした代行をしてくれる業者がいることを、高齢者の方々にも広く知っていただきたいです。

こうしたサービスを行っている業者の中には、このサービスの立ち上げを行ったのも高齢者ということもあり、年齢を重ねた方がペットを飼う時、どういうことが困るのか、どんなサポートが必要なのか、自分がよくわかるという方も多いのです。
これからさらに高齢化が進む日本ですが、高齢者と寄り添うように生きてくれるペットが高齢者と共に幸せに暮らしていく仕組みをもっと広げていくべきでしょう。

病気を治すのは薬だけじゃない!「運動処方」について徹底解説!

病をはねのける

年齢を重ねると様々な慢性疾患や症状などが起こってくるため、人によっては数種類のお薬を飲まれています。
どの薬をいつ飲むんだっけ?あまりにも多い薬の数でいつ飲むのか、何個飲むのかわからなくなってしまう高齢者も多いです。

何か症状があって医者に行くと、医師はその方の状態を検査し、検査の結果得られたデータをもとに、必要な治療を行います。
その中で痛みをとったり、血流をよくするためだったり、様々な症状に適応したお薬を処方してくれます。

勿論アレルギーがないか、今まで利用して体に支障があったお薬はないか?など、様々なことも考慮され、副作用がなるべく起きないお薬を処方します。
でも、お薬だけに頼るのはよくありません。

お薬はあくまでも対処療法となるもので、痛みや不快感などをとるために利用します。
処方されたお薬をしっかり飲むことも大切ですが、運動処方などもしっかり行い、自分の体をより健康的にしていくために頑張ってみましょう。

運動処方とは何か

運動する、体を動かすことで心肺機能を高める、新陳代謝をアップする、脂肪燃焼効果があるなど、様々なメリットがあります。
しかし、逆に高齢者にハードすぎる運動を行ったことで、ひどい筋肉痛になったり、時には関節に問題を引き起こすこともあります。
また最悪、あまりにもハードな運動は、心臓血管に異常をきたしたり、心筋梗塞のもとになるなど、急死の要因ともなってしまいます。
運動処方は医学的な検査を行い、高齢者の体力測定、生活習慣などを詳しく理解しながら、その方にあった運動を医師が処方するというものです。

心臓に負担が少なくシニア世代が持っている痛みや症状を考慮しながら無理なくしっかり運動できる方法、それが、運動処方です。
お薬ばかりに頼るのではなく、自ら体をしっかり動かすことで血液の流れもよくなり、新陳代謝も向上し、気になっていた痛みや症状が改善していく方も非常に多い治療方法です。

基本的な運動処方

高齢者の病歴、今ある症状、服用している薬、さらには検査データと突き合わせ、その方が今、どのような運動をしているか、昔どのような運動をしていたか、そのことから、その方の健康を増進する結果となり、疾病予防、治療にもなる運動処方を医師が専門的な立場から選びます。

一般的には運動持続時間が1回あたり10分から60分程度がいいとされています。
少なくとも、有効的な運動をするためには、15分以上(脂肪燃焼効果がこのくらいの時間でてくる)の有酸素運動を行うことが有効的な方法です。
どうしても飲まなければならないお薬もありますが、プラス、医師の運動処方を治療に取り入れていきましょう。

安全で効果的!水中運動のススメ

ひざ、腰が痛い

年齢を重ねるとどうしてもひざなど関節に問題が出てきます。
軟骨成分のコラーゲンやヒアルロン酸は、関節を動かすときの潤滑油的な役割を持っていますが、これらの成分は年齢と共に減少することがわかっており、歩くときにひざが傷んだり、腰痛が取れなくなるなど、関節部分に支障をきたします。

ひざが痛いと歩くのも嫌になり、外出しなくなります。
外出が少なくなると人と話をする機会もなくなり、少しずつボケが進行します。
そうならないように、ひざなど関節に痛みがあってもできる運動を考えてみましょう。

関節にやさしい水の中の運動

水の中の運動といえば結構ハードな運動になる水泳が思い浮かびますが、水泳ではなく今、シニア世代が積極的に行っている運動が、水中運動のアクアビクスです。
簡単にいえば水の中でエアロビクスを行うという感じで、腰やひざなどに負担をかけることのない水の中で水の抵抗を利用しながら効果的な運動ができます。

水の中で運動を行うことで筋肉を利用しますが、水の中には浮力があるため、ひざや腰などに問題があってもしっかり運動できるのです。
また水圧を受けるため、呼吸筋と呼ばれる筋肉も強化され、呼吸を楽にできるようになります。
さらに下半身をしっかり水の中で動かすことによって、第二の心臓とも呼ばれるふくらはぎの筋肉が動き、血液の流れがよくなります。
特に血液を心臓に戻すという働きに効果があるので、アクアビクスを行うことで心臓に負担をかけない運動を行うことができるのです。

アクアビクスは簡単

I
エアロビクスは激しい運動ですし複雑な動きをするため難しいのですが、アクアビクスは水の中で、おなかを引き締めて背筋を伸ばし、足を高く上げて前に歩く、同じ状態で横に歩く、方まで水の中に入り、背中を丸めて両腕を前に突出し、すり足で後ろに進むなど、慣れれば誰にでもできる運動です。

スポーツ選手も筋肉障害や怪我などをした時、水の中でトレーニングを行い、筋力が衰えないようにしています。
スポーツ選手ほどハードに行う必要もなく、これらの気持ちがいい運動を行っていくことで、次第に腰痛が取れる、ひざに筋肉がついて歩くのが楽になったなどいい結果を絵らえるようになります。

病気の予防や改善にも!ウォーキングで適度な運動をしよう!

運動は脳へのいい刺激になる

シニア世代の方々に一番人気の運動といえばウォーキングです。
シニア世代となる前、中年層の時代に糖尿病や高血圧などの生活習慣病になり、それ以降、ウォーキングを継続しているという人もいますし、退職されてから奥様と一緒にウォーキングで体を動かすようになったという方も少なくありません。
しっかり歩ける靴、動きやすい服装、たったこれだけで即始めることができるという気軽さもありますし、川べりを歩く、また町の中を歩くなど、どこを歩いてもいいので飽きないという意見もあります。

ウォーキングは足の筋肉をしっかり動かすので、血行が良くなるということもありますし、血圧の安定化にも効果が期待できます。
自然を眺めたり、都市部でウインドウショッピングなどしながら歩くことで脳へいい刺激になり、ボケ防止にもつながります。

安全にできる運動

ジョギングや水泳などの運動も人気ですが、心臓や筋肉に大きな負担をかける運動をいきなりやるのはよくありません。
抗襟者は時給系の運動、つまり中等度クラスの運動を継続的に行うことが健康に効果的といわれていますが、腕を大きく振って大股で早歩きくらいのウォーキングを30分くらい継続して行うと心臓に大きな負担をかけることもなく、血液の流れをよくする効果的な運動となります。

出来れば毎日行うことがベストですが、慣れないうちは数日置きでもいいでしょう。
辞めずに継続するということが最も大切なことです。

無理せず正しいフォームで

目線は10m位先、ひざを伸ばしかかとから着地、かかとからつま先に体の重心を移動させるというイメージでしっかり地面をけって前に進むことを心がけましょう。
かかとからついてつま先までしっかり残し膝を伸ばして歩く、というフォームが基本です。

最近はスロージョギングなども流行していますが、こうした体に無理のないスロージョギングやウォーキングなどを日常生活の中に取り入れ、健康的な生活にプラスになる運動を継続していきましょう。
しっかり歩くことで血流もよくなり脳にもさまざまな刺激が行くことで、痴呆の予防にもなるといわれていますし、歩いているうちにお仲間ができることもあり、楽しい老後に運動は非常に効果的なのです。

基礎知識を学んでレッツトライ!山登りの魅力とは!?

体力の向上とリフレッシュに繋がる

澄みきった空気の中、美しい自然をそこかしこに感じながら少しずつ登っていけば、いつしか頂上に達し、ここでしか見られない絶景を楽しむことができる、登山というのはご褒美がたくさん用意されています。
おいしい空気を吸うことができる、山の緑、美しく咲く花、植物、時には鳥や小動物に出会い、頂上に着けば下界を見下ろすことができる、こんなご褒美を沢山くれる登山をシニア世代が楽しまれています。

山は昔から人間に恩恵を与えてくれています。
木々や植物から発生する沢山の酸素は私たちの健康に欠かせないものですし、川のせせらぎや鳥の声、この癒し効果は何物にも代えがたい素晴らしい登山の恩恵です。
足腰が弱くなってもそれほど急斜面ではない登山なら、ご夫婦でのんびり楽しむことができます。

冬山はきついけど春、夏、秋なら安心

高齢者の方も本格的な冬山登山に出かける方がいますが、やはり、冬山は危険ですし体力的に不安があるという方や、もっと気軽に登山を楽しみたいという方は、春、夏、秋の登山がおススメです。
シニア世代が十分楽しめる山も日本各地に多数あり、お弁当と水筒を持って気軽に上ることができる山もたくさんあります。

東京などの都市部でもちょっと都内を離れれば、自然が色濃く残った地域も多く、気軽に登山を楽しむことができる山があります。
途中には売店や茶屋などもあり、休憩しながら美しい自然を眺め、おいしい空気の中お弁当を食べるなんてすばらしい経験ができます。

旅行に行ったり、カラオケを楽しむのも素敵ですが、たまには奥様と一緒に、リュックを背負ってゆったりのんびり、山の中の自然を謳歌するのも素敵です。
傾斜があるところは手を繋ぎ、共に手を取り合って登山してみてはいかがでしょうか。

交流の場にもなる「歌声喫茶」とは?

みんなで歌を歌う楽しさ

今若い人は生まれたときからカラオケボックスがあり、家族一緒に幼いころからカラオケボックスで歌を歌うということに慣れていますので、本当に歌が上手い人が多いです。
カラオケボックスが主流になる前には、スナックやバーなどお酒を飲む場所で、カラオケを楽しんだものです。

歌というのは不思議な力があり、気持ちが落ち込んでいても、歌を歌うことで少しずつ前向きになれたり、楽しい時には楽しく、悲しい時には悲しさを癒すように楽しめます。
海外でもカラオケは非常に高い人気を誇り、カラオケという日本名で多くの方が歌を楽しまれています。
ではカラオケなどがなかった時代にはどのように歌を楽しんでいたのか?というと、歌声喫茶というものがありました。

歌声喫茶とは?

歌声喫茶というのは、東京新宿のあるお店が発祥の地です。
1954年、戦後、日本が高度経済成長期に向かって必死に頑張っていた時代、この歌声喫茶が登場しました。

戦争という何もかも自由にならなかった時代から、自由にいろいろなことができるようになった時代です。
明るい未来に向けて戦後復興を担う当時の若者たちは、歌声喫茶で様々な歌を楽しまれていました。
新宿で生まれた歌声喫茶はその後、東京に20件ほど誕生し、各お店で若い世代を中心に幅広い年齢層の方々がともに歌を歌うということを楽しんでいたのです。

人に聞いてもらうのではなくみんなで歌う

カラオケはどちらかというと、人に自分の歌を聞いてもらいたいとか、上達したいということで利用しますが、歌声喫茶は、歌を楽しむ場所です。
誰かに自分の歌を聞いてもらいたいのではなく、同じ歌をみんなで歌う一体感が心地いいのです。
人まで歌を歌うことが恥ずかしいという人も、ほかの人と一緒に歌うことができるので、ストレス発散にもなり、今ではシニア世代の方々が歌声喫茶で沢山の仲間を作り、昔と同じように歌を楽しまれています。

シニアだってお洒落したい!シニアのファッション情報について

きれいなおばあちゃん、大好きです

年齢を重ねたら派手な服装じゃなく、年相応のファッションでいるもの、こうした昔ながらの考え方を持った高齢者もいますが、現代のシニア世代の方々、ずいぶんとおしゃれで、自慢したくなるおばあちゃん、おじいちゃんが多いです。
かっこいいスポーツカーに颯爽と乗り込み、スカジャンに細めのデニムをはいたおじいちゃん、革のつなぎをきてハーレーでのんびり悠然と走っていくおじいちゃん、カラフルなチュニック、かわいい帽子をかぶったおしゃれなおばあちゃん、日本のシニア世代も個性的なファッションに身を包む方が多くなっています。

退職後、自分にお金をかけようと思うシニア世代も多いです。
今まで子供、孫に時間とお金を費やしてきたけれど、子供も手を離れ孫も大きくなって、いよいよお友達と旅行に行ったり、コンサートに行ったりして老後をエンジョイする年代に来たと毎日楽しそうに出かけていくシニア世代を見ると、こっちも負けないように元気にならなくちゃと感じます。

ガモコレが大人気

年齢を重ねたシニア世代こそ、カラフルな洋服がよく似合います。
40代、50代では若くもないのにと感じますが、60代、70代の方がカラフルで素敵なデザインの洋服、帽子、靴をおしゃれに着こなしているのを見ると、素敵だなと感じます。

実は企業もシニア世代に注目しています。
家庭から解放され、お友達と一緒に出掛けることが多くなった現代のシニア世代ですが、体型を帰任される方が多いのです。
腰回りやおなかが出ているという特徴的な体型をカバーするファッションもドンドン登場しています。

綺麗な洋服、ドキドキしてしまうような素敵なファッションに身を包むことで、表所も明るくなり、より一層アクティブに活動できるようになるのです。
これから先、高齢化が進んでいくことは間違いなく、こうしたガモコレに見るようなファッションがどんどん誕生していくでしょう。

定年後もバリバリ働きたい人必見!「シニア世代歓迎」のお仕事とは?

生涯現役!

高齢化の日本では介護、医療などの問題があることは確かですが、以前と比較して本当に元気な高齢者が多いということに気が付きます。
体こそ若い時より動かなくなっていますが、なんといっても気持ちが若い!退職されてからダンス、テニス、カラオケなどの趣味を謳歌する高齢の方々もいますし、料理を習い始めたおじいちゃん、釣りを始めたおばあちゃん、中にはスカイダイビングにチャレンジする高齢者もいます。

定年してからもまだまだ働ける、働けるところがあるのなら、短い時間でもいいから自分の経験を活かしたい、こう思っている高齢者も多いです。
現代の定年は65歳となっていて、2025年までには全企業で定年65歳義務化が予定されています。
現在でも65歳定年を取り入れ、65歳になって退職されるという高齢者が多いのですが、正直、まだまだ働けると若い世代から見ても感じるくらい、現代の65歳は元気です。

問題は雇用先です

高齢の方々でも働く意欲があるのに、アルバイトやパートは、年齢制限を設けているところが多く、正直、65歳以上で雇用してくれる就職先を見つけるのは大変です。
でもない、ということもありません。

雇用先ではできるだけ長く勤めてほしいという願いがあるので、病気のリスクが高い高齢者を雇用したがらないという状態です。
でも働く強い医師があり、健康状態も問題ないということなら、積極的に雇用先を見つける努力をしてみましょう。

今は、シルバー人材センターというところがあり、そこではこれまで培ってきた経験や資格、技術を活かした仕事をすることができます。
働く意欲がある60歳以上の方が募集されており、各家庭や企業などから発注があれば、その発注に活かせる資格、経験、技術を持った高齢者を派遣します。
ご家庭や企業は、してほしいことをシルバー人材センターに依頼し、高い技術の仕事を待っています。

電気、建築、土木、などの建築系、さらには子供のもちゃを修理してくれる方もいます。
おもちゃは子供時代の思い出となるものなので、古いおもちゃでも修理してくれるのはうれしい限りです。

実は一般企業も必要としている

高齢な方はこれまで、沢山の経験をしており一般企業の中でも、その経験や技術を若い世代に伝達してほしいと人材を募集しているところもあります。
これから起業を考えているけれど、経営ノウハウがない、経理系の資格もない、会社を運営していく中でこうした経験ノウハウをもった高齢者の知恵がほしいという方も少なくないのです。

自分の特技や資格、経験を活かすことが出来なくても、新しい職種にチャレンジする高齢者もいます。
やる気と培ってきた社会経験が活かせるところはかなり多いのです。

シニアの生活をサポートする「大人家電」とは!?

便利家電からシニア世代向け家電へ

勝手にほこりやごみなどを感知し掃除をしてくれる掃除家電品、洗濯機も洗い、脱水するだけではなく、その後乾燥までしてくれる、エアコンは気温や湿度を読み取り、人が一番快適と感じる室内温度と湿度を保ってくれる、世の中、便利家電のおかげで本当に楽に暮らせるようになっています。

でも正直、家電製品が多すぎて若い世代でも家電に詳しい人がいないと、どういう機能がありどういうことにたけているのか、よくわからないという状態です。
特にシニア世代となると進化した便利家電がどのようなものなのか、理解しにくく、核家族化が進んでいるため、若い世代から情報が入ってくることもなく、必要のない機能がついた高い家電を買ってしまった・・・という声もききます。
しかし高齢化が進む日本において、電機メーカーもシニア世代向けの家電製品を誕生させ、しかも、その家電製品がどういうものなのか、コンシェルジュサービスなども展開しているのです。

一体どんな機能を持った家電が必要なのかを考える必要があります。
シニア世代がほしい家電はどのようなものなのか、こうしたコンセプトにおいて作られた家電製品も、シニア世代に理解してもらわない事には購入してもらえません。
そこで、商品の説明、利用方法はもちろんのこと、こういう家電がほしいけれどどんなものがる?とユーザーの希望を聞いて、家電製品のプロが消費をピックアップしてくれるという取り組みを行っているのです。

なぜこのようなサービスができたのか

シニア世代といっても昔の同じ世代の方々と比較すると、非常にお元気で何事においてもアグレッシブな方が多いです。
退職され、やっと自分の自由になる時間があり、ある程度貯蓄もしているし年金もしっかり受給されていて余裕がある、人生をもっと楽しく過ごしたいと積極的に生きるシニア世代が多くなっているのです。
そこで、もっともっと楽しく便利で工夫されている家電を利用してもらい、人生を謳歌してもらおうとコンシェルジュサービスが誕生したのです。

増える高齢者の孤独死…具体的な対策方法は?

一人暮らしで変化に気づきにくい

年老いた両親と共に暮らしたいというのはやまやまだけれど、都市部に雇用が集中する時代に、どうやって子供、両親を田舎で養っていけというのか、今、日本が抱えている高齢化の問題は深く、深刻です。
現代日本に生きる65歳以上の高齢者の数は今までで最高といわれ、この先も増加の一途をたどるといわれています。

医療の進歩などもあり、高齢者が病気を持ちながらも生きていける社会になっていることなどから、日本は超高齢化社会となっています。
人口の26%が高齢者といわれているのです。
そのうち、65歳以上の男性は10人に1人、女性は5人に1人が一人暮らし、つまり、独居老人となっているのです。

高齢者が一人暮らす際にも、近くに子供たちがいる、様子を見に来てくれるご近所がいるということならいいのですが、中にはご近所付き合いも少なく、孤独死されてから数か月、誰にも気がつかれることもなく一人ひっそり死亡されていることも少なくありません。
つまり孤立した暮らしをしている高齢者が非常に多いということです。

孤独な暮らしをしないために何が必要か

私たち若い世代も、高齢の方々が孤独死しない環境づくりを考えなくてはなりませんが、高齢者も、孤独死などにならない生き方、暮らし方を模索しなければなりません。

高齢の方に多いのが、引きこもりです。
足が痛い、病院にかかるほどではないけれど具合が悪い、こうした状況に陥ると外出するのも面倒になり、動かないことからより体が悪くなり、今度は助けを呼ぶこともできなくなる、悪循環です。
またご近所との関係性が希薄になっていることから、助けを求めたくても求められない、ということも多くなっています。

例えば、まだ体がある程度動く、出かけることができるということなら、地域のコミュニティに参加してみるとか、老人会、趣味の会など、多くの人が集まる場所に積極的に出かけていく、こういう場所があることを自治体が知らせ、若い世代が一緒に連れ出すなどの行動も必要でしょう。

地域で見守る働き

高齢化が進む現代、高齢者が多い地域では、孤独死をなくす対策づくりを積極的に行うところが多くなっています。
ご近所づきあいが希薄になっているのなら、自治体、組合などがご近所となろう、高齢で一人暮らしをしている人を見守ろうという取組です。

一人暮らしの高齢者が暮らすところに、毎日ちょっと訪れる事が出来たら、緊急性の高い病気や動けなくなっている高齢者を発見することもできるでしょう。
話し相手になるだけでも、高齢の方々は元気を出して生きる勇気が湧いてくるとも言われています。

また一人暮らしにならない工夫も効果的です。
子供と共同で住宅を購入して二世帯住宅にできれば、孤独死のリスクを大きく減らすことができます。
二世帯住宅の中には完全に居住区が分離しているものもあり、単純に隣同士に住むような形のものもあるので、お互いのプライベートを守ることもできます。

また友人数人でお金を出し合って住宅を購入し、シェアハウスとして住む方法もあります。
バリアフリーにしておけば何かと安心ですし、家賃を格安に設定して、若い人にも住んでもらうことも可能です。

どちらにしても、住宅がどのくらい高齢者向きに作れるかという点が大事になります。
内覧会では極力知人にも協力してもらい、大勢でチェックできるといいでしょう。
地域のつながりを大切に、密にしておくことは災害の時などにも生きてきます。
孤独な状態にならないように、しっかり考えていくべきでしょう。