シニアの生活をサポートする「大人家電」とは!?

便利家電からシニア世代向け家電へ

勝手にほこりやごみなどを感知し掃除をしてくれる掃除家電品、洗濯機も洗い、脱水するだけではなく、その後乾燥までしてくれる、エアコンは気温や湿度を読み取り、人が一番快適と感じる室内温度と湿度を保ってくれる、世の中、便利家電のおかげで本当に楽に暮らせるようになっています。

でも正直、家電製品が多すぎて若い世代でも家電に詳しい人がいないと、どういう機能がありどういうことにたけているのか、よくわからないという状態です。
特にシニア世代となると進化した便利家電がどのようなものなのか、理解しにくく、核家族化が進んでいるため、若い世代から情報が入ってくることもなく、必要のない機能がついた高い家電を買ってしまった・・・という声もききます。
しかし高齢化が進む日本において、電機メーカーもシニア世代向けの家電製品を誕生させ、しかも、その家電製品がどういうものなのか、コンシェルジュサービスなども展開しているのです。

一体どんな機能を持った家電が必要なのかを考える必要があります。
シニア世代がほしい家電はどのようなものなのか、こうしたコンセプトにおいて作られた家電製品も、シニア世代に理解してもらわない事には購入してもらえません。
そこで、商品の説明、利用方法はもちろんのこと、こういう家電がほしいけれどどんなものがる?とユーザーの希望を聞いて、家電製品のプロが消費をピックアップしてくれるという取り組みを行っているのです。

なぜこのようなサービスができたのか

シニア世代といっても昔の同じ世代の方々と比較すると、非常にお元気で何事においてもアグレッシブな方が多いです。
退職され、やっと自分の自由になる時間があり、ある程度貯蓄もしているし年金もしっかり受給されていて余裕がある、人生をもっと楽しく過ごしたいと積極的に生きるシニア世代が多くなっているのです。
そこで、もっともっと楽しく便利で工夫されている家電を利用してもらい、人生を謳歌してもらおうとコンシェルジュサービスが誕生したのです。